JBA

現地レポート

2015 君が創る 近畿総体(インターハイ) 大会6日目(最終日) 現地レポート -優勝を決めた“気持ち”の正体- RSS

2015年8月3日 11時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「平成27年度全国高等学校総合体育大会バスケットボール競技大会 第68回全国高等学校バスケットボール選手権大会(インターハイ)」の優勝校が決まりました。男子は宮城・明成が初の(宮城県の男子としても初)、女子は愛知・桜花学園が4年連続21回目のインターハイ制覇を遂げました。
 勝者と敗者を分けたのは何だったのか――月並みなテーマですが、インターハイの最後の最後で現れたそれは、“気持ちの差”がだったに思います。もちろん、敗れた愛知・桜丘、岐阜・岐阜女子に「勝ちたい」という気持ちがなかったわけでも、それが終盤になって薄れたという意味ではありません。彼ら、彼女らの勝ちたい気持ちは優勝したチームと同じか、それ以上だったかもしれません。
 それでも最後の最後に現れた“気持ちの差”の正体とは――。

 宮城・明成のポイントガードを務めた#6納見 悠仁選手。男子U-18日本代表候補にも選出されるほどの選手ですが、実はポイントガードが本職ではありません。普段はシューティングガードを中心にプレイしている選手。それが大会前にポイントガードだった増子 優騎選手が戦線離脱することとなり、今大会はポイントガードで起用されました。
 納見選手は言います。

登録選手からは外れたがマネージャーとしてチームを支えた増子 優騎選手

登録選手からは外れたがマネージャーとしてチームを支えた増子 優騎選手

「正直なところ、増子が抜けた穴は大きかったです。でもそれをみんなで埋めようとしてくれました。ポイントガードのところだけでなく、三上(侑希)は今大会を通して相手からのプレッシャーがかなり厳しく、なかなかシュートを決めきれなかったけれど、増子に代わってスタメンに入った富樫(洋介)が3ポイントシュートを沈めることで、三上の不調を埋めてくれました。八村へのマークが厳しくなるところも、足立(翔)がリバウンドや泥臭いプレイでチームを助けてくれました」

 主力の一人がいなくなり、また誰かが不調に陥っても、チーム全員でカバーする。目の前で起こる状況に合わせて、柔軟に一体化する“気持ち”が、明成はどのチームよりも勝っていたのです。
 エースの#8八村 塁選手も「チームが試合を重ねるごとに成長していった」と言います。昨年から同じメンバーで戦っているチームのさらなる成長は、絶対的なエースにとってもすごく頼もしかったはずです。

「みんなうまくできていたと思う…三上以外は」

 明成の佐藤 久夫コーチは冗談交じりに、今大会を振り返ります。

「三上は少しやろうとする気持ちが強すぎたかもしれません。でもそうした経験をして選手たちはうまくなるものなんです」

 ポイントガードで起用された納見選手も、決勝戦の第3ピリオドあたりで少し集中力を欠いたと言います。そのために桜丘に点差を詰められたのだと反省をしていました。しかしそれも佐藤コーチの言葉を借りれば、納見選手を向上していくための貴重な経験と言えます。
 増子選手に代わってポイントガードをしたことを、納見選手もまた前向きにとらえていました。

「ポイントガードをやりながら、シューティングガードの役割もすることは大変でしたが、それができるようになれば、自分自身もっと向上できると思っています」

 状況の変化に対応し、それを向上心に昇華させようとする点でも、明成はインターハイ王者に相応しかったと言えるでしょう。

 続いて、女子の愛知・桜花学園のキャプテン、#4遠藤 桐選手は優勝を次のように振り返ります。

「チームとして得点力に波があるので、その点はこれから磨かなければいけないところです。でも今日の決勝戦だけに関して言えば、とにかくディフェンスで我慢して、みんなで声をかけあって乗り切ることができました。相手の心より、自分たちの気持ちのほうがタフにできたことが勝因だと思います」

 桜花学園も岐阜女子も、どちらも膠着状態から抜け出すための決め手を欠き、ロースコアの競り合う展開で時間だけが過ぎていった決勝戦。しかしその状況を動かしたのが、遠藤選手と#5矢田 真悠選手の3年生コンビでした。

「3年生で意地でも流れを桜花学園に持ってきてやる!」

 遠藤選手はゲーム終盤の大事な場面で、そう思っていたと言います。

#4遠藤 桐選手はコート内でもしっかりと盛り上げることのできるキャプテン

#4遠藤 桐選手はコート内でもしっかりと盛り上げることのできるキャプテン

「下級生たちが頑張っているのに、自分たちは何もできませんでした。このままじゃいけないって思ったんです。同点から抜け出す3Pシュートも、いつもなら変な力が入ってしまうのですが、今日は『勝ちたい』という気持ちで打って、決めることができました」

 今年の桜花学園は、チームを率いる井上 眞一コーチをして「桜花学園らしくないバスケットをする」と言わしめるチーム。絶対的な高さもなく、かといってアウトサイドからのシュート力が十分にあるわけでもありません。全員で走り勝つような速攻も、まだまだ成長過程です。
 それでも徐々にですが、選手の中に“プライド”に似た、強い精神力のようなものが芽生えてきたようです。

 遠藤選手もチームの変化を肌で感じています。

「春に行なわれた『全関西バスケットボール大会』では岐阜女子に負けたんですけど、そのときは自分たちのペースじゃなくなると、チーム内の雰囲気も悪くなる時間帯が続いていました。でも今日はいくらシュートを落としても、みんなで『ここから!』って言い合えていました。それが大事な場面でシュートを決めることができたんだと思います」

 常に注目を浴びる名門校にあって、彼女たちはその名に胡坐をかくことなく、自分たちの力を認識できたからこそ、大事な場面で結果を出すことができたのでしょう。
 ウインターカップの出場権は獲得できましたが、それまでの課題は山積しています。それらの課題を精神面とともにより磨いていけば、男子の県立能代工業以来、史上2度目となる「3年連続高校3冠」も決して夢ではありません。

 インターハイを終えた高校生たちは、国体を挟んでウインターカップを目指します。明成を止めるチームが現れるのか。桜花学園の連覇を阻止するチームはどこか――2015年の高校バスケットは、インターハイの終わりとともに、これからさらにヒートアップしていきます。

[ 記事URL ]